美濃焼とは

美濃焼とは

7世紀の古墳時代後期、岐阜県東濃地方では山の斜面を掘ってつくった窖窯(あながま)で、土器とは異なる硬質のやきもの「須恵器(すえき)」が焼かれていた。それが、美濃焼の起源と言われている。 その後、平安時代の10世紀初め頃からは、やはり穴窯を使って「白瓷(しらし)」と呼ばれる灰釉をかけたやきものがつくられるようになった。それらは、中国の唐・宋時代の優れた白磁を写したもので、貴族や寺社などに流通していた。 やがて、白瓷の生産は平安時代の終わり頃から次第にかげりが見られ、釉薬を掛けない、もっぱら碗と小皿のみの生産へと転換していく。このやきものは「山茶碗(やまぢゃわん)」と呼ばれ、このことはやきものが庶民にまで普及しはじめたのと、国内の各地でも生産が始まったためと考えられている。また鎌倉時代から室町時代(13~15世紀)にかけて、隣の瀬戸窯で焼かれていた「古瀬戸(こぜと)」とよばれる灰釉や鉄釉をかけた瓶子(へいし)、四耳壺(しじこ)などと同種のやきものも、わずかであるがつくられていた。 15世紀末の戦国時代になると、それまでの窖窯とは構造が大きく異なり、熱効率の良くなる工夫がなされた大窯(おおがま)が出現する。安土桃山時代までの約130年間使用され、製品の種類から大きく前期と後期に分けられている。 前期は灰釉や鉄釉を掛けた製品が焼かれ、この頃より茶華道が盛んになったため、中国から輸入されていた唐物(からもの)を写した茶碗や茶入、花瓶などが焼かれていた。 後期には茶道が隆盛を極めるなかで、それまでとは全く異なる「黄瀬戸(きぜと)」「瀬戸黒(せとぐろ)」「志野(しの)」などが生産され、次代の「織部(おりべ)」に至るまで最も華やかな美濃桃山陶の時代を迎える。 慶長10年(1605年)ころ、大窯とは異なる量産が可能な連房式登り窯(れんぼうしきのぼりがま)が、佐賀県の唐津(からつ)から導入された。焼成室(しょうせいしつ=製品を焼く部屋)が階段状にいくつも連なる構造となっており、下の部屋の余熱を上の部屋で利用しながら順に焼き上げていくため、熱効率が格段に増した。美濃で最初に導入された窯は土岐市久尻(くじり)の元屋敷(もとやしき)窯であった。この窯で織部が焼かれ、それまでの常識を破った形、幾何学的で斬新な文様をもつものが多くつくられていた。やや遅れて、青磁をまねた御深井釉(おふけゆう)のやきものも現れている。 こうした茶道とのかかわりが次第に薄れていくと、庶民に向けたやきものの生産に転換していった。江戸時代中期には鉄釉による日用食器などが量産され、江戸を中心とした地域に販売されていた。また、江戸時代後期の文化・文政(1804年~1829年)のころには、美濃においても磁器の生産が開始されている。 明治時代になると美濃焼の生産・販売が自由になったため、窯屋や陶器商が増加した。製品は染付磁器が主流となり、量産するための絵付けの転写技術が開発される一方、手仕事の妙技を見せるものが、当時欧米で盛んに開催されていた万国博覧会に出品されて好評を博した。とくに加藤五輔(かとうごすけ)や西浦圓治(にしうらえんじ)が高い評価を受け、輸出も盛んに行われた。 大正3年(1914年)に起こる第一次世界大戦時では、交戦国の生産減少、供給不足から開戦とともに世界の市場を獲得して好況を迎え、この波に乗って生産業者は増加し、工場施設も拡張されていった。窯については、連房式登り窯から近代的な石炭窯へと転換、成形に関しては電動ロクロの使用に拍車をかけた。 昭和6年(1931年)の満州事変勃発後、日中戦争へと発展していく中で、軍需産業への優先によって石炭が不足し、石炭窯へと移行していた業界は窮地に追い込まれた。さらに、価格等統制令により物価が凍結、太平洋戦争開戦による貿易の途絶えなどの中、多くの陶磁器業者は企業整備令により転業や廃業を余儀なくされていった。 終戦直後、陶磁器業界も大きな打撃を受けていたが、その生産を促したのは被災地からの注文であった。ただし、石炭の不足は戦時中と変わりなく、当初その確保は容易でなかった。輸出も間もなく再開され、円相場が円安ドル高だったことから好調となったものの、不安定な状況はしばらく続いた。しかし、昭和30年代に入ると高度経済成長の波に乗って美濃焼は年々生産を増大させ、生産技術の進歩と上絵付技法の向上などがそれを支えた。 近年になりバブル景気後の長引く不況や、中国などの安価な陶磁器生産地の台頭、食空間におけるライフスタイルの変化などにより、大量生産を主力としてきた美濃焼業界は大変な苦境に直面している。現在は安価な外国製品では対応しづらい多品種少量生産への転換などにより、美濃焼再生が試みられている。一方で、異業種交流や産業観光など多面的な取り組みも行われている。 美濃焼は1300年という伝統と歴史を下地とし、新しい産地へと大きく変わり出している。  

黄瀬戸

黄瀬戸

桃山時代に美濃で作られた黄色のやきもの。古くより瀬戸で焼かれたとされていたためこの名があるが、昭和初年に美濃でこれらの桃山時代の茶陶が焼かれたことが明らかになっている。鉢や向付などの食器類のほか、花入や香炉などがあり、胆礬(たんぱん)の緑や鉄彩の茶を伴うものもある。  

瀬戸黒

瀬戸黒

桃山時代に美濃の大窯で焼かれた引き出し黒の技法によるやきもの。黄瀬戸と同じく、瀬戸で焼かれたと誤認されていたことによる名である。黄瀬戸が食器を中心としたのに対し、瀬戸黒は茶碗のみをつくった。焼成中の窯の中から引き出して急冷することにより、その漆黒を生み出している。 志野

志野

桃山時代に美濃の大窯で焼かれ、長石釉(志野釉)を掛けた白を基調とするやきもので、茶碗や花入、向付、鉢などがある。技法によって無地志野、絵志野、紅志野、赤志野、鼠志野、練り上げ志野に分けられる。絵志野は国内ではじめて本格的に筆を用いて文様が描かれたやきものである。 織部

織部

17世紀初頭に美濃の連房式登り窯で焼かれた斬新なやきもの。織部は、慶長年間に天下一の茶の湯宗匠であった古田織部正重然(ふるたおりべのかみしげなり 1544~1615)の受領名から呼ばれたもの。茶碗のほか、向付や鉢などの懐石道具に優品が多く見られ、技法により青織部や総織部、赤織部、鳴海織部、志野織部、黒織部、織部黒などに分けられる。